浮島彫刻
リンク集

まったく私だけのリスト、リンク集です。あなたに使い道アルかな(HK)


<最新>系 Hot! 

<アート・ランダム> Art Randum (その他もろもろジャンル)

<スコットランドのワークショップ> Workshops in Scotland 

<芸術大学系> Art Schools in Scotland 

<美術館、彫刻公園、アートセンター系> Museums, Galleries and institutes 




<最新>系 
Hot!
ひとつき過ぎたら下がっていきます。



アート・ランダム>
Art Randum

てきとう、なんでも。

  • マーク・ダイソン・アンド・アストリット・アーキテクツ (3/14/2001)  建築系
    http://www.klein-dytham.com/
    東京は麻布六番のまっただ中にオフィスを構える2人。そこにはデザイナーやディスクジョッキーやアド系の人たちの雑居ビルのよう。それに、現代美術を紹介する自分たちのギャラリーまで持っています。ホームページは仕事の紹介ではなく、興味本位のマガジン風です。英語版。
  • 「JORUDAN乗り換え案内」(9/30)
    http://www.jorudan.co.jp/
    列車などの乗り換え案内サービスです。どこかに行きたいときの最短距離、時間、経費など一瞬に割り出してくれます。もちろんタダ!こういうのを見るとインターネットはやっぱり便利だ!と思います。(HK)


  • 「グラハム・ハンコック公式ホームページ」(7/17)
    http://www.grahamhancock.com
    4、5年前に出た「神々の指紋」という本の著者でご存じの人も多いでしょう。古代文明と人類の謎に向かって直進している人です。イギリスでいままた、ブーム再燃という感じです。サムサ・ファイアの撮った数々の古代遺跡の写真がとてもきれいで、見やすいホームページです。先日放映されたBBC「Horizon」という彼の理論に反対する番組に対する反論、なんかも興味深いものです。(HK)
  • 「スタジオ・ジブリ」(7/17)
    http://www.ntv.co.jp/ghibli/
    ご存じトトロのスタジオ・ジブリです。日記もあって結構楽しい。(HK)
  • 「宇宙開発事業団 NASDA」(7/17)
     http://www.nasda.go.jp/
    日本の宇宙開発。具体化して、すでに始まっている宇宙ステーション建設のニュースです。(HK)
  • 「中国茶 楽工房」(6/14)
     http://www.raku-kobo.com/index.shtml
     ”4000年の歴史を語り継ぐ中国茶とその歴史をひもとくページです。台湾あたりでは飲み屋より中国茶の店が流行ってるんだそうで、特に女性たちは美しい茶器で何杯も何杯もおかわりしつつ夜更けまでお喋りを楽しんでいるんだそうです。このページ以外にも中国茶の効能やその他の情報はもちろん、通販が充実。飲むだけでなく、聞香杯セットや台湾製茶壷、宜興ティーセットなど茶器の通販もあり。ネットサーフのあいまにふと手を休め、お気に入りの茶器でたっぷり中国茶を楽しむ……なんて最高のリフレッシュになりそう。というところで、ここで一服いかが?”
     
    ............です。(HK)
  • 「坂井医院」ホームページ(5/26)
     岩手町の絵美理が生まれた坂井先生の病院の紹介ページです。外国人はもちろん、手話にも対応、至れり尽くせりの産婦人科です。
  • シネマエンジェル「ホーム・スイートホーム」制作委員会(5/4)
     
    浮島スイートホーム、なんと浮島が映画になった!実は我々とは全く無関係のところで映画製作が進んでいます。出演は浮島の家!僕等は出ません、念のため。「シネマエンジェル」は新しい映画づくり方式を提案して元気に活動している人たちのグループです。その第一作がこの栗山監督、神山繁主演の「ホーム・スイートホーム」です。力が入ってます!
  • 「アイス・ホテル」
     
    知る人ゾ知る「アイスホテル」。グリーンランド(だったかな、たしか)にあるすべて氷でできたホテルのこれは予約を入れられるページです。頭を冷やしたい、またはアツアツのカップルなんかにお勧めです。

  • 「サンダー・バード」
     
    懐かしの「サンダーバード」!タンタカターンと、音入りで、とても感涙ものです。私と潮音のお薦めサイトです!(HK)




<スコットランドのワークショップ>
Workshops in Scotland

スコットランド発祥のアート系ワークショップ、作家の共同スタジオ形式のものから宿泊施設付き貸スタジオ、アートイベントの企画運営に至るまで、それぞれ多彩な活動空間を提供しています。




<芸術大学系>

Art Schools in Scotland



<美術館、彫刻公園、アートセンター系>

Museums, Galleries and institutes

  • 「故宮博物館」(12/30)
    http://www.npm.gov.tw/
    台湾の国立博物館。中国本土より相当数の国宝級お宝を蒋介石が持ち込んできたものです。実物の見応えもさることながら、HPも良くできてます。それにしても、台湾よがったなあ〜。また、行きたい!(HK)

  • 「CORBIS Desital museum」(9/30)

    http://www.corbis.com/
    ビル・ゲイツの運営するデジダル・ミュージアムです。(HK)

  • 「桂離宮写真集」(9/30)
    http://www.asahi-net.or.jp/~RK2T-TNK/frame.html
    日本建築最高傑作!十二分に堪能して下さい。(HK)

  • 「リンダブルン国際彫刻シンポジウム/30年の歩み」(9/24)
    http://www.bg-bab.ac.at/kunst/index.htm
    国際彫刻シンポジウム発祥の地オーストリアで、唯一いまだに続いている世界一古い?石彫(彫刻)シンポジウム。私はここのアシスタントを1981〜やってました。最後に仕事したのが1995だったかな。(HK)

    「リンダブルン国際彫刻シンポジウム2001」
    http://www.symposion-lindabrunn.at/
    今年の分の特設ページです。

  • 「TRACES」(9/24)

    http://www.cistern.com/traces/
    長野の小池さんとスーのつくっている彫刻家のためのホームページ。シンポジウムなどの情報が満載です。

  • ギャラリ彩陶庵」(9/24)
    http://www.joho-yamaguchi.or.jp/saito-an/
    山口県萩市、町中伝統的な萩焼の茶碗に囲まれたど真ん中で、孤軍奮闘、現代的な萩焼の作家を紹介しています。斎藤さん、がんばってね!(HK)
  • 秋吉台国際芸術村(9/24)

    http://www.pref.yamaguchi.jp/monju/2artvil.htm
    山口県秋芳町、秋吉台の鍾乳洞で有名なこの町に出現した現代音楽中心の芸術村。磯崎新の建築はすごい!の一言につきるのだが。(HK)

  • 「原美術館」(9/24)

    http://www.haramuseum.or.jp/
    これも磯崎新。現代美術です。

  • 「世田谷美術館」(9/24)
    http://www.setagayaartmuseum.or.jp/main_j.htm
    硬派大島館長率いる世田谷美術館。もしかしたら日本で唯一、美術館らしい美術館なのかも。

  • 「百瀬寿:色彩の世界」
     
    岩手を代表する 芸術家といえばこの人です。版画とタブロー画。微妙な色彩の変化が大胆な画面を構築しています。ホームページをさっと見て、あとはすぐ本物を見に行こう!

  • 「小岩井ランドアートフェスティバル
     1998年秋、岩手県内各地で大々的に「岩手アーチフェスティバルUK98」が開催されました。県内の美術館と小岩井農場を様々な企画で結んでネットワークを組んで行われた革命的伝説的プロジェクト!手前味噌になり失礼しますが、でも、その中のひとつの「小岩井ランドアートフェスティバル」を小岩井の戸田さんが自分でホームページを作って詳細に記録報告した優れもものです。なつかしい!

  • 「建築家リチャード・マーフィー」
     
    今、イギリスのたいていの建築賞を総なめにしているリチャード。特に昨年完成したダンディー・アート・センターはすごい!良くできているページでもあります。スタッフ思いのリチャードのほんわかさもちょっと伝わりそうですな。でも、おもしろいのはいま彼が凝っている、マイクロプレーンといういわば軽飛行機の話。現場の視察にマイクロプレーンで行ったぞと、得意そうに写真入りで載ってます!

  • 「小豆島の石彫」(7/17)

    http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/7457/
     小豆島で行われていた石彫シンポジウムの記録。彫刻に興味のある人。(HK)


  • 「大蔵山工房」ホームページ (5/26)
     宮城県の白石と角田の間にある石切場で活動を続ける石彫を中心としたスタジオです。私も一時お世話になっていたこともありました。「伊達冠石(だてかんむりいし)」という希有な石が採れるので有名です。真っ黒いのが黄色い皮をかぶった玄武岩で、むかし、イサム・ノグチが盛んに使っていました。


  • 「萬鉄五郎記念美術館」(iwate)
     
    萬鉄五郎を記念して建てられた美術館。岩手県東磐井郡東和町の山の中にある(小さな)美術館だが、フットワークが軽く、力の入った意欲的企画をバンバン打ち出している、東北では珍しく元気な美術館である!「英国祭98、岩手アートフェスティバル」をやった時に、管制塔兼用務員室として共に戦った仲間です!

  • 「グライズデール彫刻公園」、Grizedale Sculpture Trail(UK)
     
    懐のとても深い「グライズデール自然公園」のなかに、百以上の彫刻が展示されています。70年代はやくから彫刻家を受け入れ、山小屋を開放して、彼らの滞在制作をサポートし、いまやスーパースターのデビッド・ナッシュやアンディ・ゴールズワーシー(なに、知らないって?!)などを育てて、世界に送り出した知る人ゾ知る彫刻公園なのです。

  • 「岩手町石彫シンポジウム」
    ご存じ岩手町の地元のシンポジウム。日本で一番ふるい?シンポジウムということでやっている、けど、もっと頑張ってくれよな!



TOP

HOME